室内から屋外へ!スキューバダイビングやシュノーケルは、健常者だけが楽しめるマリンレジャーではなく、障害があっても、
少しのサポートがあれば海の持つ開放感や無重力の海中を体験することができます。

みやざきハンディキャップダイビング協会

トップページ   SeaQueen南郷ダイブセンー

障がい者に優しい宮崎の人と海・・SeaQueen


みやざきハンディキャップダイビング協会は宮崎SeaQueen内で活動しています。代表 吉田 茂

SeaQueen南郷ダイブセンター0987-64-2088 SeaQueen宮崎オフィス0985-67-6011



 
七転び・・みやざきハンディキャップダイビング協会までの流れ
下記 初期、中期など各ページでご覧になれます


初期  2003年~2012年 任意団体宮崎県障害者ダイビング協会・・・続きを読む



中期   2012年~2014年NPO法人宮崎県ハンディキャップダイビング協会・・・続きを読む



障がい者ダイビング ビーチのバリアフリー整備活動・・・続きを読む



脊髄小脳変性症姉妹、すみれちゃん、みおちゃんのダイビング挑戦・・続きを読む



「障がい者に優しい宮崎の人と海」をコンセプトに2003年から活動していますが、運営資金や、サポーターの確保、
自身の入院手術、リハビリなどで途中、中断せざるを得ない状況もありました。当初の任意団体・宮崎県障害者ダイビング協会から
活動の幅を広げるため、NPO法人の申請を行いNPO法人宮崎県ハンディキャップダイビング協会に改名し継続してきました。

SeaQueenメンバーや県内外の賛同者の皆様の応援や協力を得ながら活動してまいりましたが、私自身の体調や
運営費、サポーターの確保など思いのほか、悩まされることになり、NPO法人のメリット、デメリットも含め熟慮を重ね
設立社員と相談の結果、NPO法人を解散し、任意団体として原点に戻り、できる範囲内でコツコツと活動することに致しました。

2014年から任意団体みやざきハンディキャップダイビングとして障がい者ダイビング活動を再開しています。

全ての障害のある方を受け入れることはできません。障がいがあっても海で遊んでみたい、ダイビングをしてみたい、
ボートでシュノーケリングを体験してみたいと願っている人がいたとしても、受入できるダイビング店、指導員、サポーター
障がい者用のダイビング器材が無ければ何もできません。しかし海は健常者だけのものではなく室内から海へ・・

海の楽しさや大自然の開放感などの少しでもお手伝いできればと考えています。なお、私ごとながら私自身も難病指定の
後縦靭帯骨化症であることが判り、で身体的な諸症状に悩まされ、2005年と2014年に2度の頚堆手術を受けました。
術前術後の身体的機能の低下に対するリハビリも、必ずダイビングできる身体に戻りたいと思う一心で頑張ることができました
主治医の先生のお陰で奇跡的とも思える現役のダイビングインストラクターに復帰できております。

障がいがあってもダイビングやスノーケルなど海の素晴らしさを経験できる場を提供することは、私1人では何もできません。
運営費やサポートダイバーの確保、障がい者用のウエットスーツやダイビング器材の購入資金などなど難しさも継続中ですが
もし障がい者ダイビングにご理解のある、個人の方や企業がありましたら、ご支援を頂けましたら幸いです。

障がい者ダイビングは宮崎SeaQueen南郷ダイブセンター内で行なっています

SeaQueen南郷ダイブセンター:0987-64-2088
SeaQueen宮崎オフィス:0985-67-6011

mail@seaqueen-diving.com

 


宮崎SeaQueen