2008年からのバリアフリー整備活動
障害者ダイビング活動へ戻る

ビーチダイビングができる夫婦浦ビーチは南郷町と思われているが、実は・・串間市市木夫婦浦です。
夫婦浦湾ビーチ前の広場一帯と三角形をした銅島半島は、主として串間市市木川北地区住民の共有地です。

夫婦浦湾は、静かで、透明度も高く、多くの県内外のダイバーが年間を通して訪れています

串間市大字市木夫婦浦9050-1の土地所有者を調べました。

串間市役所の土地台帳の地方税法第380条第3項の規定に準じて備え付けしている、土地の位置、及び形状の概略を記載した図面で確認。
その土地図を元に、2008年12/15、宮崎地方法務局日南市支局で確認した。

この共有地は昭和17年7月3日に法務局に所有権登記してあり、串間市市木住民が188口に小分割された共有権の1~2口を自分の持分として購入したもので、
私、吉田家の持分(2010年父親名義をSeaQueen吉田名義に変更)もあった
  自然環境整備と車椅子障害者や高齢者のための、夫婦浦湾のバリアフリースロープ設置に向けての活動を開始。

2007年バリアフリー整備要望を宮崎県油津港湾事務所、障害福祉課、県土整備課、串間市役所に提出。
その後、障害者バリアフリーなどに理解のあった県油津港湾事務所、横山氏と横山氏知人の宮崎大学准教授・村上氏も同行で
夫婦浦湾の現地視察、自然を壊さない方法でのバリアフリースロープ設置などを検討して頂いた。 
  2007年当時の共有地の夫婦浦湾広場は、廃屋や雑草など汚くなっていました  
活動の目的  夫婦浦湾広場とビーチを自然環境回復とバリアフリー整備を行い、障害のある人達や高齢者も日常的に利用できるようにすること。

ここ夫婦浦湾は、県内のダイビングショップはもちろん、福岡や北九州のダイビングショップも、年間を通じてダイビング講習やビーチダイビングなどで利用されており他にも、家族で海水浴や、バーベキュー、魚釣りなど多くの人達から利用されている場所となっています。

ここ夫婦浦共有地を地元の自然財産として将来の子供たちに残し、障害のある人達も健常者と同じように日常的に海と親しめるようなバリアフリーの夫婦浦湾に出来れば、多少なりともノーマライゼイション社会に寄与できるかと思います。
 
2009年2月 
夫婦浦共有地の環境整備とバリアフリー整備活動について、2009年地権者の同意得る活動を開始。
 
夫婦浦共有地の整地とバリアフリー整備の協力を求め地権者の市木川北地区(SeaQueen吉田の地元)の夫婦浦地権者の家庭訪問。
主旨と目的を文書  ①串間市市木夫婦浦湾から鍋島半島は主として、市木・川北地区住民の共有財産であることの確認。
②共有地であること、並びに不法投棄禁止などを記載した看板の設置。
③波や台風で消失しつつある境界付近沿岸整備を県、公的機関への要望。
④ダイバーによる湾内のサンゴや海草など海洋環境保護活動。
⑤同地所を、串間市市木の自然財産として、綺麗な夫婦浦湾と海を残すための諸活動を行う。。
⑥同地所を、障害のある人達も利用できるように、バリアフリー通路の整備を、国、県、串間市などの公的機関や民間企業、個人に働きかける。
⑦共有地の自然環境整備を行い、公共の場として一般開放する。
⑧同地所を、公共の利益と、共有地権利者の利益に値する有効利用の可能性を探り、それを行なう。 
2009年2/16~  上記の主旨に協力同意を頂いたのが50数軒になり、市木・川北地区の地区世話役人の人たちも、
積極的に同意の署名、捺印をもらうために各家庭を回って頂いています。
市木川北の地権者の人達も高齢にもかかわらず、夫婦浦湾を綺麗にしよう、とゆっくりですが活動して頂いてます 
2009年6月12日   油津港湾事務所へ夫婦浦湾のビーチ沿岸整備とバリアフリースロープ設置の協力依頼に出向く。
   ビーチに通じる通路も、共有地に含まれております。
この通路を使用している県内外のダイビングショップやダイバーには、定期的なビーチクリーンや草刈り作業などの参加を求め、夫婦浦湾の景観回復、バリアフリー化を進めて行きたいと思っております。
   
   夫婦浦のバリアフリー活動が宮崎日々新聞に掲載されました
2010年1月17日  SeaQueen吉田の実家に夫婦浦共有地の地権者の、串間市市木在住の橋口氏、小笠氏、佐藤氏、廣美氏の4人と夫婦浦についての意見交換。地権者代表に加わってほしいと依頼、了承を得た。 
2010年2月 
 元ダイビングショップ「カーナ」の安藤氏との賃貸借契約、終了に伴い土地内の廃材、廃船も撤去して頂きました
2010年2月13日   2回目の地権者の意見交換。参加者は11名。

東水産との賃貸借契約料と、賃貸期間についての話し合い・・賃貸借の継続は了承された。

返却された共有地部分は整地し、綺麗に使ってもらえるならば公共の場として提供しても良いと合意。
管理は吉田茂に任せると合意。共有地であることの看板設置。
一部の参加者から、地権者総会を開いたらどうかとの意見もあったが、相続などが多数に存在し
難しいのではないかとの判断がされた

2010年2月25日 
 夫婦浦湾ビーチの環境整備に向けての測量開始・・。
夫婦浦湾に、地権者5名、油津港湾事務所4名、、串間土木事務所2名、賃貸借契約者の東水産1名も加わり、
共有地と県有地の境界測量があった。
UMKテレビ宮崎が取材して頂きました。
2010年3月19日  南郷町・外の浦漁協内で、油津港湾事務所、外の浦漁協参事、地権者代表として私・吉田の3者が集まり夫婦浦湾の
共有地や県有地の取り扱いや利用、整備などについて懇談。

夫婦浦共有地と県有地の現地測量について
地貸借契約関係にある東水産の作業場状況について
南郷町側の夫婦浦港の設置経過について
地元水産会社である東水産作業倉庫設置経過について、
日南海岸国定公園管理の県自然環境課などについて
懇談しお互いに了承した。 
2010年3月30日    油津港湾事務所の出向き夫婦浦バリアフリーについて懇談
横山主幹、長崎氏、村社氏に面会・・・この時の県側からの夫婦浦バリアフリーに関する結論は・・・後日報告
2010年4月9日
 
 この夫婦浦湾の主な利用者である県内のダイビングショップやダイバーで、夫婦浦湾の清掃や雑草の草刈など行おうとFAXやTELで提案したが積極的な参加は見られず、SeaQueen単独で地元建設業者に依頼し整地作業を行った。
2010年4月27日 
再度夫婦浦湾の県有地と共有地の境界線測量が始まった。
県・自然環境課2名、油津港湾事務所3名、測量会社3名、地権者3名(藤地区の藤崎さん、古都の林さん、廣美さん立合い) 
   夫婦浦ビーチを利用している宮崎のダイビングショップに声かけし、清掃活動を行なったが、
一部のダイビングショッツプは不参加。

参加者及びダイビングショップ
九州電力宮崎
SeaQueenメンバー
K2
カロアナ
旧GOTOTHESEA
   きれいになりました。バリアフリー整備が進むといいな~
2010年7月  夫婦浦湾に通り抜ける通路を車椅子でも通行できるようにコンクリート舗装するために
県庁内・自然環境課と、串間市役所に国定公園内の整地作業の許可申請を行い、整備許可が出た。が

港湾事務所(県)からのバリアフリー化整備は、回答なし 
その後 
3年以上も労力をかけて夫婦浦湾の環境整備とバリアフリー化を行政に掛け合い、地権者の理解を求めたりしている活動が、他店のダイビングショップや健常者ダイバーのために夫婦浦整備活動をしているような感じもしますが・・・
難しいですね