トップページへ戻る



NPO法人宮崎県ハンディキャップダイビング協会の活動

2017年現在は任意団体・みやざきハンディキャップダイビング協会で活動しています。
代表 SeaQueen吉田 茂

事務局は移転しました。:宮崎SeaQueen(現〒880-0931宮崎県宮崎市古城町南田6552-119TEL 0985-67-6011

 

2003年から2011年までの障がい者ダイビング活動やバリアフリー整備活動については

宮崎県障害者ダイビング協会
をご覧下さい

24時間テレビ37  2014年(平成26年度)UMKテレビ宮崎にて24時間テレビの募金活動に参加
  平成26年8月30日UMKテレビ宮崎 スポーツスタジオにて 
「24時間テレビ、愛は地球を救う」募金活動に参加

  仕事中事故で、車椅子になったアナウンサー
柳田アナの笑顔も素晴らしい・・勇気を頂いてます 
  UMK榎木田アナ、柳田アナ、西元ファミリー
   時おりダイバー仲間と飲みに行くスナック「えん」の千賀さんも
アチコチに声をかけて募金に駆けつけてくれました。

ハンディキャップダイビングの活動や運営費についてはクリアすべき課題も多くありますが何とか継続しています。

平成26年度の賛助会員の年会費及び任意の賛助支援は、下記の方からご支援を頂きました。ありがとうございます

2014年(平成26年)
4/1~11月2日現在の賛助金合計は¥57000。応援して頂いている皆様には、心から感謝します。
 
0/30:当協会の副理事長をお願いしました浮之城眼科院長より
¥3万の賛助金。
10/30浮之城眼科、鳥井陽子さん¥3,000
10/17鹿島浩さん¥3000
長崎県、小川法正さん(脊髄小脳変性症)¥3000お振込み頂きました。
熊野さん(宮崎市役所)¥3000
西元利一様¥3,000
西元美緒様(奥様)¥3,000
西元ゆりあちゃん¥1,000
西元すみれちゃん¥1,000
西元みおちゃん¥1,000
土屋貴代様¥3,000
土屋千恵子様(貴代さんのお母様)¥3,000
 





24時間TV36  2013年8月24日(土)25日(日

2013年8月24日25日小笠原から生中継、日本テレビの24時間テレビ「愛は地球を救う」

2013年(平成25年)度の24時間テレビ「愛は地球を救う」に参加協力
脊髄小脳変性症の車椅子姉妹の小笠原でダイビングに指導協力することになりました

宮崎ロケ&練習6日間、東京練習1日そして小笠原で10日間、計17日間の長期取材でした

     


平成25年度のNPO法人宮崎県ハンディキャップダイビング協会は、日本テレビの24時間テレビ「愛は地球を救う」に参加協力。

 

脊髄小脳変性症の車椅子姉妹が小笠原でダイビングするまでのダイビング訓練を指導、サポート協力させて頂きました

8/8:小笠原に同行するタレントのヒロミさんも宮崎入りして、海洋練習に参加。

宮崎の8月、この時期にしては、海水温が23℃前後で低く、車椅子のすみれちゃん、みおちゃんにとっては寒く感じたでしょう。 
 
ヒロミさんはダイビング上手でした
SeaQueen南郷ダイブセンターにて




小笠原に向けての宮崎練習で潜水サポート参加して頂いた皆さん:川野幸一さん、小田佳生さん、
小田由
紀子さん、吉田智一さん、上畠節子さん。クレーン車:磯崎義則さん、地元漁船:関谷船長、
宮崎県立海洋高校:中野先生、同校女子生徒2名。プール施設:宮崎県立海洋高校潜水プール。
宮崎県ハンディキャップダイビング協会、吉田茂(宮崎SeaQueen南郷ダイブセンター) 制作:日本テレビ


 
宮崎県小林市在住の難病の脊髄小脳変性症で車椅子の西元すみれちゃんとみおちゃんを、今年の24時間テレビで小笠原でダイビングに挑戦を生放送する24時間テレビ。

SeaQueenとサポートメンバーが参加協力することになった。
8月の小笠原でのダイビングに向けて、ダイビング練習が始まった


  練習は、水深5mの潜水プールを備えた宮崎県立海洋高校のプール

海洋高校の中野先生も、障がい者ダイビングについて大きな理解を頂き深く感謝しています。

日本テレビ取材
2013年、8/24~25日放送,24時間テレビ「愛は地球を救う」に向けて取材中

海洋高校の女生徒2名も、障がい者ダイビングのサポートに参加してくれました。 
  潜水練習は疲れます
 
5m潜水プールでも潜水練習スタート。

5m潜水は健常者の場合、通常行い潜水深度ですが、四肢の筋力や噛む力も弱っている、すみれちゃんと、みおちゃんにとって、非常に厳しく危険でもあります。


小笠原でのダイビングでは、ウメイロモドキの群れを見ることが、ひとつの目標。
ウメイロモドキの群れは、20mオーバーの深い水深や、5m程度の浅い水深でも見る事ができます。


5mといっても、障がいのあるすみれちゃんやみおちゃんにとっては、とてもたいへんな潜水練習です。
 
 
8/19早朝、空路東京へ・・
8/1、8/3、8/4、8/8、8/10の宮崎での潜水練習を終えて、
8/19早朝東京へ。

到着後も、午後から、都内のプールで更に5m潜水練習

8/20:10時~小笠原丸に乗船
さてこれから25,5時間の船旅です

  さて、乗船してから小笠原までの25,5時間、どうして過ごすか?本を読むか?飲むか?寝て過ごすか?結果・・飲むことにした。

今回の生中継でカメラマンや水中撮影班、テレビスタッフの人達も同じフロアだったので、お互いに挨拶を交わし飲む事になった。 
   小笠原の玄関口到着 
中川隊長率いる水中生中継の、水中撮影隊「河童隊」の皆さん。

8/22,23日は俺たち、みおちゃん、すみれちゃん、ゆりあちゃんは小笠原の海で潜水練習。



小笠原の海は、綺麗だけど、潮の流れが速く、今年の海水温は23~24℃と真夏にしては低めでした。


  今回の制作の頭・・猪股ディレクター
  生中継を終えた打ち上げ食事会 
  食事会 

平成25年度の賛助寄付して頂いた方、新賛助会員になって頂きました方は下記の通りです  

平成25年12/1浮之城眼科院長、鳥井先生から法人としての賛助金¥30,000を寄付
平成25年12/1浮之城眼科事務長 鳥井陽子さんから賛助金¥3000を寄付

新賛助会員H25年11/3 都城、白濱綾さんが賛助会員になって¥3000寄付
新賛助会員H25年11/1:大分、森本陽子さんが賛助会員¥3000と¥1000の2口寄付
H25年11/1:鎌田文麿(正会員)が今年の賛助会費¥3000を寄付
新賛助会員H25年9/6:埼玉県 K・永井さん、24時間TVの車椅子小笠原をご覧になり
賛助会員費¥3000を寄付
H25年8/27:長崎 小川法正さん(脊髄小脳変性症を発症)も昨年に続き賛助会員¥3000を寄付
H25年7/18:宮崎市、上村加代子さん(正会員)は今年も年会費¥3000寄付
H25年:宮崎市 上村明博(UMK)さんは、来年度分までに会費¥6000寄付

H25年7/3:宮崎市鹿島浩さん(事務機器㈱分尚堂)が昨年に続き正会員年会費¥3000寄付
H25年7/1:宮崎市、伊与田直記さん(土佐商事代表取締役)が昨年に続き正会員年会費¥3000寄付
H25年6/22:宮崎市:川野幸一さん(宮日新聞社)は本年も(正会員年会費¥3,000寄付
H25年6/20:日南市 宮脇晃さんが昨年同様(賛助会員¥3,000)寄付

新賛助会員 H25年6/16:宮崎市 土屋千恵子さんが賛助会員¥3,000寄付
H25年6/16:宮崎市 土屋貴代さん(新田小中一貫校教諭)は本年も(正会員年会費¥3,000)寄付
H25年5/9:宮崎市,甲斐・Kさん(県職)は、昨年に続き賛助会員(今回は¥4,000)寄付





24時間テレビ35 2012年〔平成24年度)24時間TV)
宮崎地域放送番組  UMKテレビ宮崎制作、協力SeaQueen

  2012年、24時間テレビ35 UMKテレビ宮崎制作、放送。

脊髄小脳変性症、自閉症、発達障害児などハンデイのある子供たちのダイビング挑戦を
UMIテレビ宮崎が制作し、宮崎版24時間テレビで放送されました。

協力:
ボランティア参加サポーター:
上村さん、植松さん、小田(由紀子、)さん、船井さん  
 そして私 吉田。

県総合運動公園、室内プール。ダイビング提供
SeaQueen
  UMKテレビ宮崎、障がい者ダイビングの取材

H24年8月25~26日の24時間TV、愛は地球を救うで放送されました。
  
  まずはプールで潜水練習 
2013年8/3プールで、水中呼吸に慣れる練習をしっかりと行いました。

練習の具合を見ながら、ダイビングできるかどうかの判断や、スノーケリングにするかなど決めます。
海は楽しさと共に危険性もありますので慎重な判断が求められます。

ボランティア参加サポーター:上村さん、植松さん、小田(由紀子、)さん、船井さん  
 そして吉田。

県総合運動公園、室内プール 
  発達障がいのえりなちゃん・・とても美人な顔立ちしてます・・可愛いんです。 
   自閉症の障害のある、りゅうが君の水中呼吸の練習は、スタートまで少し時間がかかりました。まずはプールで遊び 
  脊髄小脳変性症の障害のある、すみれちゃんと、みおちゃん、
さて海へ・・・   
   ダイビングボートに車椅子を載せるためユニック車を用意。
港内は、浮き桟橋やバリアフリー設備がないので潮が干潮の時は、
ボート乗船下船に苦労します
   車椅子積み込み
  車椅子の用に特注の籠。ユニック車でゆっくりとボートへ降ろします。 
 
この障がい者ダイビングは平成24年度の24時間テレビ「愛は地球を救う」宮崎地域版で放送されました


心身に障がいがある人達が、海での体験ダイビングを目指して頑張ったプール練習。そして海・・ご家族の絆の深さを感じました


障がい者ダイビングをサポートしてくれたボランティア参加の皆さん

上村明博さん、小田佳生さん、小田由紀子さん、上畠節子さん、
川野幸一さん、植松みどりさん、西元利一さん
吉田智一さん、鹿島浩さん、鹿島恵美子さん、

特注の車椅子かごを無償提供の(大阪)津川製作所津川健二さん
(宮崎)津川制作所黒木建二さん

ユニック車提供の磯崎義則さん。ありがとう      


そしてオレ・・吉田茂


H24年9/10:宮崎市、熊野郁夫さん(宮崎市役所)が賛助会員になっていただきました
H24年9/7:長崎県 小川法正さん(脊髄小脳変性症の難病)が賛助会員になっていただきました。
H24年9/6:宮崎市、川越公代さん(65歳)が賛助会員になっていただきました
H24年9/5:宮崎市、甲斐・Kさん(公務員)が賛助会員になっていただきました
H24年8/28:日南市の宮脇晃さん(㈱タケセン日南(営)が賛助会員になっていただきました。
H24年7/15:三股町立三股小学校の矢野ふみ先生が賛助会員になっていただきました。
H24年7/15:宮崎南小学校の渕之上真美先生が賛助会員になっていただきました。。
H24年7/12:浮之城眼科、鳥井先生が法人としての支援と奥様が賛助会員になっていただきまし




2013年(平成24年)9/16:MRTラジオ 毎週日曜日夜9:00~BoonBoonBoonの
シンガーソングライター真北聖子さん、
H24年9/17下肢麻痺で車椅子のシンガーソングライター真北聖子さんが、
ダイビングに挑戦中です。


9月   
真北さんMRTラジオ毎週日曜日9:00~   9/16:MRTラジオ 毎週日曜日夜9:00~BoonBoonBoonの真北聖子さん、田代剛アナ、図師さんと3人で軽快なおしゃべりと音楽のラジオ番組に私、吉田茂がちょいとお呼ばれして、ハンディキャップダイビングのお話をさせて頂きました。3人のフォローありがとうございました
 
 H24年9/17、下肢麻痺で車椅子のシンガーソングライター真北聖子さんが、ダイビングに挑戦中です。

まずはプールでトレーニング・・ウエットスーツに着替える時両脚が麻痺しているので、着用には多少気を使います。
 
ますは水面で水中呼吸の練習
   水中呼吸も慣れてきました。とてもスムーズです
真北さんは下肢麻痺なので、フィンは動かせませんが、やはりフィンを履いたほうが水中でのバランスも取りやすくなります
   フィンが動かせないので、水中スクーターを用意して水中移動を練習してみました。
水中スクーターを使いこなせるようになると、下肢は麻痺していても、海中の広い範囲を移動したり無常力の海中を自由に動くことができます。
   プールでのダイビングの練習もGood!これなら海でダイビングできます。
しかし   海でダイビングの日はSeaQueen南郷ダイブセンターに全員集合したのですが、台風の影響で波があり中止となりました。来年の夏、再挑戦します。




脳性まひ加藤さんのダイビング挑戦・・プールから


2013年 8/7  脳性小児麻痺の加藤さんが一度でよいから海に潜りたいと・・その前にプール練習
 
加藤さん
 8/7プール


場所:ABCスイミング
脳性小児麻痺で車椅子生活の加藤さんの体験ダイビング。

海に潜りたいと熱望され、何とか頑張ってみましょうと8/8の海での体験ダイビングに向けてのプールで事前練習
          
呼吸器のマウスピースが上手く噛めず、すぐに口から外れる。
言葉による意思疎通がうまくできない(聞き取れない)
着脱しやすいウエットスーツ、フルフェイスマスクなど必要性を感じる。

参加サポーター:上村、鹿島美恵子、(加藤さんの妹さんも参加)そしてオレ吉田
 
 
まずはプールに浸かり、浮ぶ。気持いいと加藤さん
レギュレーターを咥えてもらうが、口の噛む力と、麻痺があるために呼吸器が口からすぐに外れます。
加藤さんも必死で頑張りますが、繰り返す内に、歯肉から少し血がにじんで・・
フルフェイスマスクがあれば出来たかな?と

水中呼吸の練習が、上手くできず
水中呼吸器の歯のかみ合わせの問題
言葉の理解(私のほう)、
水中呼吸器が上手く噛めない、
咥えることができない、
外れるなど

脳性小児麻痺の加藤さんの海で体験ダイビングは、昨夜のプール練習で、水中呼吸を上手く咥えることができず断念しました。
何とか水中呼吸ができるようになればと、苦心したのですが・・力及ばず、海での体験ダイビングは中止と決定。

障がい者ダイビング開催の難しさを改めて感じました。
 


脳脊髄炎で、両下肢障がい(手押し車、杖歩きは少し可能)の
向淑子さん(61歳)が体験ダイビングに挑戦


2013年7月  7月11日プール練習、7月16日南郷の海へ
平成24年7月16日


向淑子さん61歳
7/11:プール練習


 
向淑子さん61歳
症状:脳脊髄炎により車椅子:杖か、手押し車を使えば短い距離なら歩ける。
 
希望:障害があるけど、海に潜ってみたいと長年の夢

体験ダイビングに向けて、プールで練習。 16:00~18:00 ABCスイミングプールにて  吉田指導 
 
向さん、体験ダイビング
7/16(海の日


港内には、バリアフリー整備がなされていないので、障がい者の場合(特に四肢麻痺)港からダイビングボートに乗下船するときが悩みます。

満潮時間帯を狙い、乗船するか、背負うか?。

実際は、満潮時間帯にボート側3名で下肢を支え、受け、陸上は2名で両腕を支えながら
港設置のゴムハシゴを利用し何とか乗船した。 
  2012年7/16:海の日

ボート乗船は、下肢のハンデイがあると乗船下船時がたいへんです。
満潮時間帯なら、まだしも干潮時間帯は、危険です。

詳しくは活動報告ページで 
   さ~海へ
   船上からサポートダイバー2名で支え、ゆっくり入海
   プールで事前練習のお陰で、海でも怖がることなくスムーズに海面でダイビング器材呼吸
  海中へ潜れました! 
   2012年7/16:海の日
脳脊髄炎で両下肢麻痺障がいの向さん(61歳)の体験ダイビング実施。海に浸かったのは30年ぶりの海だったとか

参加サポーター
船井さん、川野幸一さん、小田佳生さん、上畠節子さん  そしてオレ吉田
ダイビング施設及びボート:SeaQueen南郷ダイブセンター
潜水エリア:南郷町腕島

両下肢障害の向淑子さんから、30年ぶりの海は、楽しくて素晴らしかったという言葉を頂きました



2003年から2011年(平成23年)までの活動は宮崎県障害者ダイビング協会でご覧になれます


2003年から2011年までの障がい者だいびんぐ活動のあしあと

2003年3月
任意団体宮崎県障害者ダイビング協会設立 
ダイビングスクールSeaQueen内において、任意団体宮崎県障害者ダイビング協会を設立し、障がい者ダイビングの受け皿を設立。  
 2003年~2013年10月
ダウン症 亮くんがダイビング挑戦!
ダイバーライセンス取得しました
ダウン症児の武内亮くんが鹿児島県ヨロン島でダイビングできるまでの6ヶ月間、一緒に頑張りました。

ダイビング挑戦と家族愛をUMKテレビ宮崎の取材が半年間、
その後1時間のドキュメンタリー番組「未来の住む海へダウン少年のダイビング物語」で全国放送されました。
FNSドキュメンタリー大賞を受賞。

同じダウン症の松島未奈ちゃんと関口智仁くんもプールでのダイビング体験に参加しました  
 2005年 ろうあ障がいの冨田更紗さんのダイバーライセンス取得コース開催
とても笑顔のステキな更紗さんでした。その後オーストラリアのグレートバリアでダイビングされたようです。 
2007年5月 ~2009年  串間市夫婦浦ビーチのバリアフリー要望活動開始。油津港湾事務所、県障害福祉課、自然環境課などへ出向く
2007年10月    脳挫傷による車椅子生活になってしまった森本陽子さんの体験ダイビング。
日南市大堂津港内の浮桟橋の利用で漁協の協力が得られたため、車椅子障がい者の体験ダイビングが行えた。
  2009年4/9宮崎日々新聞  串間市市木夫婦浦ビーチのバリアフリー整備活動が掲載して頂きました。。
2010年2/17 宮崎日々新聞掲載 宮崎日々新聞 夫婦浦ビーチの共有地、地権者の同意、バリアフリー整備 
2010年10/17 宮崎日々新聞掲載 脊髄小脳変性症の難病姉妹の体験ダイビング。お父さんの趣味であるスクーバダイビングを元気な内に一緒にダイビングした思い出を作りたいという夢を叶えてあげるため、SeaQueenサポートダイバーと共に、プールでの3日間の練習を行い、ようやく海で体験ダイビングの様子を取材して頂きました。た 
2010年10/22  宮崎日々新聞掲載夫婦浦のバリアフリーの実現に向けての活動を掲載して頂きました 
 その他詳しくは
宮崎県障害者ダイビング協会
でどうぞ 


Copyright(C) seaqueen-diving.com 2017 All Rights Reserved