わたくし、姓は吉田、名は茂。人呼んで・・・いや、そのまま吉田茂です。吉田茂をWEB検索すると、
戦後の宰相と言われた麻生太郎の祖父・吉田茂が出てきます。全国的にも吉田茂の同姓同名も数多いのですが
私・宮崎の吉田茂のドタバタStory・・
居眠りしそうな時にでもどうぞ!


宮崎SeaQueen吉田茂のMyStory
 
宮崎の吉田茂はSeaQueenダイビングインストラクター&ショップオーナー

トップページへ戻る


1989年ダイビングショップSeaQueen開~店でしたが、2年余りは、うまく行かずバタバタ.
1992年 夜の部ダイバーズBar海倶楽部開店。



夜はBarのマスター、昼はダイビングインストラクター。二足のわらじは、疲れます


2003年任意団体「宮崎県障害者ダイビング協会」設立。障がい者ダイビング活動をスタート。
ダウン症の武内亮くんがダイビング挑戦しました。





2003年10月~2004年6月までダウン症の武内亮くんのダイビング挑戦!スタート
UMKテレビ宮崎制作。ダウン症の亮くんのダイバーライセンス取得までの8ケ月間Story。
UMKドキュメンタリー番組「ダウン症少年 未来がすむ海へ」

放送日:2004年7 月30日(金)午後4時30分~5時25分 


フジテレビ、ドキュメンタリー大賞受賞番組「ダウン症少年 未来がすむ海へ・・」
 第13回FNSドキュメンタリー大賞を受賞しました。
.

ダウン症児、武内亮くんがダイバーライセンスするまでのダイビング挑戦6ヶ月間を
取材ナレーションを引き受けていただいた女優の高樹沙耶さん。とても素敵な方でした。




2003年夏宮崎の海中の環境の変化についてた高橋巨典アナと潜ってきました。
今回の潜水調査は国道448線沿い串間市大納の港の外側。海中ではサンゴ枯れ、藻場の消滅がアチコチで見られましたが

最大の原因は、国道沿いのがけ崩れの汚濁流入によるサンゴ生息域への土砂流入でした。



2003年UMKテレビ宮崎の報道ニュースで、宮崎の海を紹介させて頂きました。
生放送だからハラハラドキドキしていましたが、メインニュースキャスターの南出アナと榎木田アナに
フォローしていたきながら宮崎の海を紹介することが出来ました。


2004年宮崎サンシャインFMラジオでダイビングのお話をさせて頂きました



2005年3月・・何だか体調不良 手足の痺れ、つまづき、不眠、寝汗、筋力低下・・
宮崎市内の大手民間病院で受診すると「頚堆障害の後縦靭帯骨化症でした。

名古屋・稲沢市民病院院長の [山田博是先生」を知ることができ、
手術方法は、前方除圧式と後方除圧式の2通りあるとの説明を受けた。

今回は首の咽喉ぼとけ付近の前方から切開堆の骨化した箇所をドリルで削り取る前方除圧式となった。

数日後、頚堆手術を受ける旨の予約を入れた。。

手術当日の深夜麻酔から目が覚めると、ベッドの上で、呼吸器や点滴などの管が繋がれていました。
術後2日目の病室巡回検査で、術後の合併症で左腕の筋力が無く、左腕、手指も動きませんでした。

術後3日目あたりから、ベッドから起き上がり、リハビリ開始・・院内を毎日歩いた。



2週間の手術入院で退院。山田先生他、看護師さん達も退院を祝ってくれました。
感謝!山田ドクター、名古屋稲沢市民病院の皆さん

山田先生は2021年現在名古屋「さくら総合病院」脳卒中脊椎脊髄センター長
されています。0587-95-6711


2ケ月後の7月、息子を伴い、術後の初ダイブに挑戦。恐る恐る、ダイビング器材を担いで海へ・・
少しずつ潜水回数を増やし、現役のダイビングインストラクターに戻れました。


2005年8月、映画「海猿」の宮崎ロケ撮影の協力の依頼を受けた。、
頸椎手術から3ケ月経ち、左腕の筋力も80%程度回復し、映画海猿」のダイバーに参加

海上保安部艇も来てました。



宮崎ロケの合間には、俳優・石黒賢さんを はじめ他の俳優さん、撮影スタッフダイビング器材管理スタッフなど
総勢20名ほどSeaQueen南郷ダイブセンターでダイビングトレーニング。
ダイビング練習後はBBQを楽しませて頂きました。



2007年5月8日宮崎県南で唯一、ビーチダイビングできる串間市夫婦浦のビーチをバリアフリー整備活動

夫婦半島からビーチ前の土地は、主として串間市市木住民の共有地で私SeaQueen吉田が土地管理者。
地権者と相談の上、夫婦浦ビーチをバリアフリー化したいと相談すると、皆のためになるなら「良いんじゃないか」と快諾を得た。

宮崎県油津港湾事務所、県庁障害福祉課、県土整備港湾課宛てに夫婦浦湾バリアフリー整備の要望書提


2009年4月9日 夫婦浦ビーチのバリアフリー活動を始めて2年ですが、なかなか前に進みません
宮崎日々新聞には障がい者ダイビング活動を応援して頂いて感謝しています。


2009年12月1日私が撮影した海中映像がNHK夕方の報道ニュースの中で放送され
ビデオ町村の月間ビデオ大賞を受賞NHK宮崎放送局にて(原口アナウンサー)




2010年2月13日串間市夫婦浦ビーチのバリアフリー整備活動が少し動いた。、
この日は、県、油津港湾事務所職員5名、私吉田が夫婦浦共有地地権者代表として
他5名の地権者立会い人、県と共有地の境界線確認と一部測量。

この様子がUMKテレビ宮崎の報道ニュースの中で放送されました


2010年2月27日 障害者ダイビング活動が宮崎日々新聞に掲載されました。
2007年から串間市夫婦浦湾のバリアフリー化を県に整備要望から、3年目ですが
停滞・・今だ実現できておりません。行政の協力を得るのは難しいですね
 


2010年10月17日 夫婦浦ビーチでの車椅子障害のあるみおちゃんとすみれちゃんのダイビング


2011年11月のNHK宮崎放送局取材制作。(毎週土曜放送)
「宮崎の海を長年潜り日南の海を海中ガイドや障がい者ダイビング活動する
「宮崎夢追い人」として
取材を受け放送されました。



2012年4月NPO法人宮崎県ハンディキャップダイビング協会を設立。
2012年7月脳挫傷で車椅子の向さん(50歳) 体験ダイビング



2012年8月小児麻痺の障害がありましたが、長年の夢、一度海に潜ってみたいと山梨からSeaQueenへ。
海でダイビングする前にプール練習しましたが、呼吸器のレギュレーターが噛めず、水中で外れそうになりました。
頑張って頂いたのですが、海はやはり、危ないと断念 。


2012年8月27日宮崎日日新聞。自閉症児、発達障害などあっても
ご家族で一緒にダイビング楽しめるといいですね


2012年24時間テレビ、宮崎地域版 UMKテレビ宮崎。脊髄小脳変性症のすみれちゃん、
みおちゃんが、日南市南郷の海で体験ダイビング挑戦


障害のあるすみれちゃんとみおちゃんが、海で体験ダイビング日記


2012年11月7日ソロプチミスト日本財団から社会ボランティア賞を受賞しました。 
NPO法人、宮崎県ハンディキャップダイビング協会の障がい者ダイビング活動に対し、社会ボランテア賞を授賞しました



2012年ソロプチミスト宮崎、川越啓子会長様からクラブ賞と副賞を頂きました



2012年12月27日宮崎日日新聞 国際ソロプチミスト宮崎、川越会長様より障害者ダイビング活動で
表彰を受けたことが掲載されました。



2012年9月16日 MRTラジオ 毎週日曜日夜9:00~BoonBoonBoonの真北聖子さん、
田代剛アナ、図師さんと3人で軽快なおしゃべりと音楽のラジオ番組に私、吉田茂がお呼ばれして、
ハンディキャップダイビングのお話をさせて頂きました。3人のフォローありがとうございました




24時間テレビ。2013年8月。24時間テレビ「愛は地球を救う」日本TV取材。
脊髄小脳変性症姉妹とその家族が、小笠原でダイビングまでの2週間のダイビング練習取材と小笠原から生中継。
タレントのヒロミさんも障害者ダイビングをサポートに参加




2014年はUMKテレビの24時間愛は地球を救うの募金活動に参加


UMKテレビアナウンサーの哲ちゃんと・・

.
2013年の24時間テレビ「愛は地球を救う」その期間中の2013年頃から頸椎障害再発・
飲み薬で誤魔化していましたが2015年5月に頸椎再手術決断。

後縦靭帯骨化症OPLLって、やっかいな病気です。2015年5月 再手術。名古屋・さくら総合病院(山田博是先生執刀。

今度は首の後ろと切開して・・・2ケ月後には手術痕も綺麗になって、治りが早かったです


NHK宮崎放送局、取材制作。
2016年1月 難病といわれる後縦靭帯骨化症の頚堆手術した吉田茂
術後からの「宮崎夢追い人」の活動「宮崎夢追い人のその後」を取材して頂きました。



2016年6月17日崎サンシャインFMラジオでダイビングのお話をさせて頂きました。
放送は6/20(月)6/27〔月)夜8:00~8:30、2回放送




  

 
2016年8月~2018年3月末まで(掲載回数は68回)
、宮崎日日新聞「天然のすいぞくかん」コラムを担当させて頂きました。
毎週土曜日掲載 シークイーン吉田茂コーナー




2017年、UMKテレビ宮崎。夕方6時からの報道ニュースの中で日南市南郷の海中で
クマノミ産卵の映像と解説をさせて頂きました。

 
2018年3/4宮崎市、大淀川学習館でダイビングと海の生き物の講師をさせて頂きました。

プレゼン画像を半分、動画も半分にして一緒に遊べるような講話をすればと良かったかなと反省。
次回はきっと簡潔に分かりやすく、できるはずです



 
その他の新聞記事

  



トップページへ戻る